田中農園について

Farm About

農業大国にはない美味しさ
がある。

奈良県五條市とは

田中農園は、日本一の柿の名産地である奈良県五條市にあります。
美しい棚田、広大な果樹園が広がる場所です。
奈良県南部は、平地が少なく山ばかり。
農業よりも林業が盛んな、海もない内陸県です。
降雨量にも恵まれず、古くより干害に悩まされていた背景から
現在でも奈良盆地には多くのため池が残っており、農業に役立っています。

Tanaka
Agri
Farm

都市近郊型農業

京阪神の大消費地に隣接する立地にありながら、耕す土地が少ない中で
小さな面積で出来るだけ利益を生む為に、
先人達は多くの知恵を生み出してきました。
輸送時間が長いとすぐに痛んでしまう、葉ものの軟弱野菜や
果物の栽培を行う「都市近郊型農業」が盛んに行われ、
奈良県が誇る栽培技術は進歩を遂げ続けました。
広大な平地を持ち、大量生産が可能な「農業大国」では実現が難しく、
多品種・少量生産だからこそできる、独自の栽培方法や
高品質な作物の生産に繋がっています。

Greetings

生産者からのご挨拶

量では勝てない。
だから、品質では負けたくない。

どんな作物も、1年の中で収穫回数に限りがあります。例えば柿は、ご存知の通り1年に1度だけ。
つまり、生涯をかけたとしても、私達が新たな栽培方法を試し改善する、トライ&エラーの回数には限りがあるのです。
田中農園は、明治時代に創業し、私の曾祖父の代からあらゆる試行錯誤を繰り返してきました。
奈良は決して、農業に恵まれた環境とは言えません。
新たな作物1つ、栽培を始めるのも一苦労です。けれど、その中で培ってきた知識と技術は確かなものです。
量では勝てない。だから、品質では負けたくない。
その想いは、種、土、苗、収穫の全てに対し、私たちのこだわりとして、活きています。
そして、私たちは小さな土地であらゆる作物を育てます。多品種・少量生産。減薬・都市近郊型農業を得意としています。
今思い描いている、作りたい作物もたくさんあります。たくさんの方に届ける方法も、模索し続けています。
両親が築き守ってきたものを受け継ぎながら、常に新たな挑戦をしていくことを怠りません。

株式会社田中農園

代表取締役田中淑子
Toshiko Tanaka

Policy

栽培へのこだわり

Farm products

田中農園で育てている作物
柿

Persimmon

実がなるまで4~5年の長い期間を要する柿の木は、代々受け継がれ大切にされてきました。田中農園では、渋柿4品種・甘柿2品種を栽培しており、品種ごとの熟れるスピードを加味し、長い期間ご提供できるよう計画的に収穫しています。

トマト

トマト

Tomato

田中農園では、大玉の桃太郎を主に栽培しています。夏の太陽と寒暖差の大きい奈良盆地のおかげで、皮が薄く味のぎゅっと凝縮したトマトができます。酸味と甘さのバランスの取れた自慢のトマトです。約3万株の苗を接ぎ木し、育苗します。

きゅうり

きゅうり

Cucumber

田中農園のきゅうりの収穫は、夏ではなく秋。夏ではなく、秋にとる胡瓜のおいしさはやはり味の繊細さです。夏も終わり少し肌寒くなってくる早朝の朝どりキュウリは、皮も薄くパリッとした物です。

Company Profile

会社概要
会社名 株式会社田中農園
所在地 〒637-0037
奈良県五條市野原中2丁目8ー45
TEL 0747-22-2567
代表者 田中淑子
創業/設立 明治後期/平成29年12月